ラッパ光る

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

オーダーメイドマウスピースの紹介【ハグストロムモデルベース、マウントバーノンバックボア】

こんにちは、ムトウです。

 

新しい現場での仕事が始まり早くも三か月が過ぎましたが、楽器も忘れずに吹き続けていますよ!

 

さて、この度私はとある御方にマウスピースの製作を依頼しておりました。

 

f:id:hikaru-tpiano:20180706001413j:plain

 

トランペット奏者であれば、この亀マークに見覚えのある方も多いかと思われます。皆さんご存知、静岡県浜松町にアトリエを構える、亀山氏にマウスピースを製作して頂きました。

 

私は以前、このブログでPARKEというメーカーのジョン・ハグストロムモデルをご紹介させて頂きました。

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

今回はそのハグストロムモデルをベースに改良を加えたものを製作して頂きました。

 

f:id:hikaru-tpiano:20180706001728j:plain
f:id:hikaru-tpiano:20180706001825j:plain
f:id:hikaru-tpiano:20180706001942j:plain


以前の記事でも紹介したように、ハグストロムモデルはカップが特徴的な形状をしており、リムから内側にえぐりが入り、リムとカップがそれぞれ独立しているような形になっています。

 

つまり、内径は小さくてもカップの容量を多くすることで、コンパクトな状態で大容量のマウスピースの音色へ近づけるという意図があるわけです。

 

今回、製作にあたって依頼したマウスピースのスペックはこんな感じです。

 

リム形状・内径:ハグストロムモデルコピー

カップ:1CB相当

スロート:27~26の間で調整

バックボア:マウントバーノンバックボア

 

リムと内径については、オリジナルのままがベストだと判断し、そのままにしてあります。内径はBachの7より少し小さいくらいです。リムはフラット寄りですが、アウターエッジが丸目になっています。

 

カップは今回の肝の一つです。オリジナルのハグストロムモデルもとても良いのですが、ややカップ容量が大きい(1B相当)ので、音の輪郭はどうしても丸くなりやすいのです。

 

私はもう少しシャープな輪郭を目指していたので、まずはこのカップ容量を僅かに減らす(=カップを浅くする)ことで、これを解消しようと試みました。

 

 スロートはオリジナルが26なので、今回製作にあたって全体のバランスを変えることになるので、完全にお任せしています。正確な大きさは私も知りません(笑)

 

感覚で言うと26よりは少し狭いので、27と予想されます。

 

そして今回もう一つの肝、バックボアです。

 

オリジナルはシンフォニックバックボア(いわゆる24番)で、これもまた広がりのある良い音がします。同時に、ソロなどで求められる細かいパッセージに対する歯切れの良さを僅かに犠牲にしてしまっています。

 

製作したマウスピースのコンセプトとしては、ソロに焦点を当てたマウスピースだったので、バックボアの選定は非常に悩みました。

 

ノーマルバックボアだとコンパクトにはなりますが、音の広がりはやや劣ります。シュミットだとオーケストラに完全に寄ってしまいますので、これもまた違う……

 

悩んだ時にたどり着いたのはティルツというメーカーのマウスピース。これはマウントバーノン時代のバックマウスピースを参考に作成されているようです。何度か試したことがあり、その度にバックボアから楽器への音抜けがとても気持ちよいと感じていました。

 

同時期にとある筋から、マウントバーノン時代のバックボアは、シンフォニックバックボアのような広がりを持ちつつ、ダークな音色とコンパクトさを兼ね備えていると聞き、今回このマウントバーノンバックボアを採用することに決めました。

 

完成したマウスピースの感想としましては、非常に良いものが出来上がったと言えます。

 

オリジナルよりも広がるような感覚はやや薄れましたが、芯のある音色と歯切れの良い吹奏感を実現することが出来ました。

 

マウントバーノンバックボアは今までに馴染みのない吹奏感です。簡単に説明するとするならば、マウスピースの手前の方ではしっかり抵抗が作られるのですが、バックボアを抜けると一気に楽器へ息が流れ込みます。シンフォニックに比べて手前側が狭く、奥に行くにつれて広がっていく形状になっているようです。

 

カップの容量も減らしたことでやや埋もれがちだった音色も明るくなり、吹奏楽等で使ってもしっかりとした存在感を発揮することが出来る仕様になったと言えるでしょう。

 

C管にもマッチし、トマジなども自然な状態で演奏することが出来ます。C管全般的に、バックボアがオープンなマウスピースの方が合うように感じています。

 

いかがでしたでしょうか。マウスピースのオーダーは自分に何が合っているのか、何を求めているのかを明確にしないとなかなか踏み込むことが出来ない世界だと考えています。

 

同時に、自分の奏法やクセに対しても目を向けることにつながりますので、成長する機会としては大いに役立つものだと思います。

 

また今回書かせて頂いたマウントバーノンバックボアについては情報も少ないので、私の主観ではありますが、何かの参考になれば幸いです。

 

今回はこれにて!

家でできるカンタン節約、管内洗浄の方法!

お久しぶりです、ムトウです。

 

新しい仕事が始まって一ヶ月ちょっとが経ち、ようやくその分野にも慣れてきたところです。

 

四月に向けて新生活が始まる方も多いことと思います。新年度に向けて楽器も綺麗にしておきたいなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は金管楽器を持っている方にはついて回る掃除の問題、特にたくさん楽器がある方は大変ですよね。今回は私が普段行っている管内洗浄についてご紹介します。

 

管内洗浄は大きく分けて二種類あります。(私が勝手に考えているだけです)

 

一つ目は、洗剤やジッポオイルを用いる方法。

二つ目は、酸などの薬品を用いる方法。

 

一つ目の方法は、主に楽器についたオイルやグリス、溜まってしまった汚れを落とすためのものです。恐らくみなさん馴染み深い掃除の方法ですね。楽器専用の石鹸が売っていますが、私は面倒くさがりなので食器用の洗剤を使っています。

 

ただし注意が必要で、なるべく「中性」のものを使用するのが好ましいです。私はキレイキレイを使っています。

 

始めに楽器をばらし、ジッポオイルを含ませたティッシュ等を掃除棒に巻き、管内の大まかなグリスやオイルの汚れを取った後、ぬるま湯と洗剤を混ぜて溶液にばらしたパーツや楽器を漬け込むという、至ってシンプルな方法です。大半の方はこれで満足するでしょうし、普通に使用する分には全く問題ありません。

 

しかし、長く使った楽器だとどうしても出てきてしまう問題……サビです。

 

マウスパイプや抜き差し管を覗くと、青くなったり白くなったりしている塊があるのを見たことはありませんか?これは水分や呼吸に含まれるカルシウム分が長い年月で固まってしまったものです。残念ながら洗剤ではほとんど落とせません。

 

楽器屋に持ち込めばできるけれども、時間がかかる。自分でやってしまいたい……ケチくさい私は色々調べてみました。

 

これが二つ目の方法、酸を用いた管内洗浄です。

 

私が使用しているのはクエン酸(粉末)」薬局などに売っている袋詰めされて500円以内で購入できるものでOKです。ちなみに料理に使えるものなので、人体にも安心です。調味料のレモン汁でも代用できるそうです。

 

クエン酸をお湯に溶かし、よく混ぜます。粉末が溶け切らないほどだと入れ過ぎなので、ちょうど溶け切るくらいにしましょう。

 

これを抜き差し管に溢れない程度に注ぎます。それをどこかに倒れないように立てかけ、五分から十分ほど待ちます。これによって管内のサビやカルシウムが溶けていきます。

 

しばらく経ったら溶液を捨てます、汚れがひどいと捨てた液が水色になってたりします。中に溶液が残らないよう、水と洗剤でしっかり洗い流しましょう。フレキシブルクリーナーやブラスセイバーなどの掃除用品があると便利です。

 

マウスパイプの場合はラップなどを片側にあてがい輪ゴムなどで留めます、反対側から溶液を注ぎ同じように五分から十分ほど待ちます。立てかけるのは難しいと思うので、手で持っているのが安全です。

 

もしくは管体ごと漬け込んでしまうのもありですが、溶液は酸性なので、楽器のメッキやラッカーにダメージを与える場合があります。漬け込む場合は薄めにしておくのが望ましいです。また長時間触れていると手が荒れてしまう恐れもありますので、同じくご注意ください。

 

マウスパイプの方も同じように溶液を流し、水と洗剤で洗い流します。薬効のために管内が赤く変色する場合がありますが、お店で管内洗浄を頼んだ場合にもなってしまう場合があるので、こればかりは仕方ありません。赤みを抑えるにはクエン酸の量を減らしてください。(その分効果は減りますが……)

 

さて、いかがだったでしょうか。この方法ならば数百円のクエン酸と水道代だけで楽器を綺麗にすることができます。

 

特に楽器の多い吹奏楽部や楽団で所有する全部の楽器を業者に出して洗浄してもらうとなるとお金がかかってしまいますので、そういった方たちにおすすめできます。

 

手間を惜しまないという心意気のある方、ぜひ節約管内洗浄をお試しください!

MUTIO(ミューティオ)プラクティスミュートの紹介

こんばんは、ムトウです。

 

最近ようやく就職する場所も決まりまして、これから楽器を吹く時間が減ってしまうので、上手く時間をやりくりしないといけないな、と思っております。

 

さて、私はこれまで普段の練習を主に家で行っておりました。いわゆるサイレントミュート、練習用ミュートを装着しての練習でした。その際に使用していたのは、ヤマハのサイレントブラス、旧タイプのぼてっとした形のものをずっと使用してりました。

 

そろそろ違うものを試してみたくなったのと、マウスピースでの練習時間が増えることを予想して、今回はこんなものを購入してみました。

f:id:hikaru-tpiano:20180210233741j:plain    

f:id:hikaru-tpiano:20180210234009j:plain


  

 

MUTIOと呼ばれるサイレントミュートです。仙台にあるモリタという会社が開発したものです。こちらはなんと3Dプリンターによって製作されているそうで、個体差が大変少ないようです。

 

私が購入したのは通常のプラスチック素材に、木製チップを加えて製作された、消音性能を高めた「ウッドタイプ」になります。

 

サイレントミュートとしては重要な重さですが、約50グラム。生卵と同じくらいの重さです。

 

MUTIOの特筆すべき点は、楽器のミュートだけでなく、マウスピースのミュートにも使えるというところにあります。

 

f:id:hikaru-tpiano:20180210233845j:plain

 

この穴にマウスピースを差し込むことで、マウスピースも消音することが可能で、夜中のバズィング練習などにとても役立ちます。また持ち運びもしやすいため、仕事に持っていくのも簡単ですね。

 

中には車のボトル入れにMUTIOを置いて、一緒に持っていく方もいらっしゃるとか。

 

そして、サイレントミュートの肝は、消音性能、ピッチ、実際の吹奏感との差にあるでしょう。

 

MUTIOを普段使っているヤマハ・サイレントブラスと比較してみると、消音性能に関してはほぼ違いはなさそうです。強いて違いを挙げるなら、MUTIOの方が芯があり少し明るめの音、ヤマハの方がこもったような音になるところでしょうか。モニタリングはMUTIOの方がしやすいと感じました。

 

抵抗感に関しては、MUTIOの方が若干あるように感じます。なのでピッチもMUTIOの方が若干上がる傾向があります。サイレントブラスに比べて良い意味でも悪い意味でも鳴り方がコンパクトになるので、音のセンターをしっかり捉えないと、きつく感じるでしょう。

 

総合的な吹奏感としては、詰まる感覚はほとんどなく、ミュートを装着せずに吹いているのとほぼ変わらない演奏が可能です。ただしサイレントブラスの方がアバウトに吹いても鳴ってくれるので、MUTIOの方が、ある程度訓練されたプレイヤーにオススメ出来ます。

 

今回これを使用してみて、使い勝手の良いサイレントミュートだと感じました。利便性、消音性、総合的に及第点です。特に吹奏感は各人によって感覚が違うので、試奏することが可能なら色々なものを試してみるのが良いでしょう。他のものだと、ベストブラスのe-brassやブレンナー社のシーミュートなどが有名でしょうか。

 

サイレントミュートもそれぞれに違いや好みがあります。自分に合ったものを選び、より良い環境で練習が出来るようになると、上達にも繋がっていくでしょう。

 

ぜひお試しあれ!

低音域の見直し、快適な状態を目指す

こんばんは、ムトウです。

 

就活の合間で楽器を吹いておりますが、今になっても色々な発見があるものです。

 

私は元々低音域が苦手なので、いつもウォームアップの際にはローノートのセンターをしっかりと見つけるように心がけています。

 

特に起こりやすいのが、ハイノートのテンションのままローノートを吹いてしまうことです。分かりやすく言えば、ハイノートを演奏しようとしている状態でローノートを吹いてしまうので、余計なスタミナを使ってしまう、ということですね。

 

大抵こういう時は、頭の中にある音と実際に出ている音が噛みあっていません。脳というのは体がどう動くかを決定します。実際に求めている音に対して脳が外れてしまうと、体は対応しきれません。なのでまずは瞑想を行うように、イメージの音と実際に出ている音を一致させていきます。

 

こうしてウォームアップを終えた後、練習に入っていきます。

 

最近よく感じるのは、音を出すという行為に対して、自分が思っているよりもエネルギーは必要ないということです。

 

コンチェルトなど、スタミナ消費が大きい曲などを演奏していると、段々と精度が落ちてきてしまい、音に対して最低限必要なエネルギーを上回って演奏をしてしまいます。無駄なエネルギーを口などで使ってしまうということです、当然音は出ますが、これでは快適な演奏とは言えず、早いバテの原因になります。

 

ハードな練習を繰り返すうちに、音を出すという行為に対する効率が悪くなってきます。これを解消するために、最小限の息で唇が反応するように練習をします。

 

これはピアノの音量での練習という意味ではなく(必然的に音量は小さくなりがちですが)、ハードな練習で反応するのにより息が必要になってしまった唇を、必要最小限の息で反応するようにする練習です。

 

最初はセンターを外してしまったり、音そのものが出ないということもあります。私の場合は音を出すことが怖くなったりします(笑)

 

外すことを恐れずに繰り返して行けば、より快適な状態で演奏できるようになるはずです。

 

最小限の息で反応する唇を作ること、これが今日の練習の肝でした。もちろん普段から心がけてはいますが、今日は特に意識しました。

 

今回は備忘録のようになってしまいましたが、これにて。

ヤマハ・ウォーターキーバネの違い

こんばんは、ムトウです。

 

最近は楽器のパーツ交換などの改造をちまちま行っております。ヤマハのパーツは国産で質が良く、値段も比較的安いので、改造初心者にとって非常に助かります。

 

今回はそこからのフィードバックとして、ウォーターキーのバネについて書いていきます。

 

息はマウスパイプから入ると主管クルークで曲がり、ケーシングおよびピストンに入っていきます。この途中で息はウォーターキーを通過していきます。このウォーターキーの台座周辺は半田で接合されていたり、ウォーターキーがバネによって固定されていることで、強いテンションがかかっています。

 

このバネによるテンションの違いは大きく、吹奏感や音色に影響を与えます。

 

ヤマハのウォーターキーバネには二種類あり、ゼノシリーズ(以下新型)などに使われているバネと、それ以外(以下旧型)に使われてるバネがあります。

 

大まかな見分け方としては、新型はV字に広がったバネの片方がカールしており、旧型はカールしていません。ヤマハのホームページで楽器の拡大画像を見てみると分かります。

 

↓新型のバネです。

f:id:hikaru-tpiano:20180115213445j:plain

 

旧型は抵抗感は少なく、軽い吹き心地となります。音色はどちらかと言えば軽く、スタッカートなど発音の軽快さがあります。スチューデントモデル等にも使われていることから、扱いやすいバネと言えます。

 

新型の方は抵抗感が増し、音が引き締まる感じがします。ピアノ等の音量のコントロールもしやすく、上位モデルに求められる幅広い表現力やダイナミクスレンジを満たすものだと思います。

 

私は新型のバネを取り付けており、こちらの方が私の求めている吹奏感を満たしていると感じました。これは人によると思います。

 

またヤマハのパーツは大半に互換性があり、ゼノのものをスチューデントモデルに、またその逆も付け替えることが可能です(ボトムキャップなども)。

 

ウォーターキーバネやピストンバネなどは安価で手に入るので、ぜひお試しあれ!