ラッパ光る

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

楽器奏者に筋トレは必要か否か……目的をしっかり持って行うことの大切さ

トランペット・楽器

こんにちは、ムトウです。

 

ここ数日、肉体労働が多かったために体がギシギシになっており、ヨガやストレッチの重要性を再確認しているところです。

 

さて、今回はよく吹奏楽部などでも取り沙汰される「筋トレ」について、私なりの意見を述べてみたいと思います。

 

答えから言うと、私は筋トレをすることそのものには賛成です。筋肉をつけることは健康にも繋がりますし、成長期に運動をすることは非常に有益だと思うからです。

 

しかし、「楽器の上達のために筋トレ」を行うことは反対です。

 

私も中学生の頃、所属していた吹奏楽部で筋トレがメニューに組まれていました。内容は腹筋、背筋、腕立て、スクワットなどなど……体力のない私にはなかなかハードでした。毎度行うたびに満身創痍になってました。

 

ただ疲れるだけであれば休憩すれば良いことなのですが、ここで問題が起き始めたのです。

 

筋トレを繰り返していくにつれて、楽器の演奏がしづらくなっていったのです。息が吸いにくかったり、楽器の角度が今までと変わったり……これは私にとって恐怖でした。

 

そのため、当時の私は部内で筋トレを辞めるように進言しましたが受け入れられず、筋トレが行われる日は遅刻したり、サボって楽器の練習をしていました。部員からしたら目の上のたんこぶだったでしょう(笑)

 

ここ数年、本格的にトランペットを勉強するようになって、演奏に使われる体について考えを巡らせるうちに、このことを思い返していました。なぜ部活で筋トレをしていたのか。その理由を思い出したのです。

 

それは、「腹筋がつけば楽器が上手くなる」「筋力がつけば楽器を持っても疲れない」などでした。

 

 勉強した今だから分かることですが、腹筋で鍛えられる腹直筋などのアウターマッスル(表層筋)は、楽器の演奏とはほぼ無関係なのです。そのため、当時行っていた腹筋は役に立たないどころか、腹筋を無理矢理に固めてしまい、楽な呼吸を邪魔してしまっていたのです。

 

当時の私は筋トレで楽器が上手くなると本気で信じていましたが、実際にはマイナスになることを体験しました。この体験はなかなか貴重なものだったと思います。

 

ならば、最初から「体力づくり」を目的として筋トレをすれば良かったじゃないか!

 

そう、その通りなのです。

 

私がここで言いたいのは、目的を明確にしてそれを行うということなのです。

 

少し話題を変えましょう。(読者がいらっしゃれば)主に金管奏者のみなさんにお訊ねします、「リップスラー」は何のために練習するでしょうか、考えてみてください。

 

各々に理由があると思います。例えば私は「柔軟性の向上」、「音域間での均質な音色の研鑽」、「息の状態の確認」だったりします。

 

目的を定めてその練習を行うことは、何よりも大切だと私は考えます。旅であれば目的地を定めないぶらりな旅も素敵ですが、楽器の上達にぶらりは禁物。

 

目的地が分からないまま闇雲に進んでも、ゴールにはたどり着けません。偶然目的地にたどり着けることがあるかもしれませんが、そこまでの道筋が分からないと、帰り道も分かりませんよね。

 

楽器も同じです。ハイノートを例にしても、偶然ハイノートが出ても、なぜ出たのか理由が分からない。そのために他人への説明はおろか、自分自身への説明も出来ない。それは偶然の一発で終わってしまう……。

 

とまあ、楽器についても少し語ってしまいましたが、ここで話を筋トレに戻します(笑)

 

いわゆる筋トレは、体力の向上や筋力をつけるということには繋がりますが、楽器演奏の向上とは結び付かないと私は考えます。そもそもの目的が違うのです。

 

ですが、体力が向上した結果、長い時間の練習でも疲れにくくなる、ということは有り得ます。健康になるのも大変有意義です。実際に私は筋トレは行いませんが、体力の現状維持として時々ジョギングをしています。あとは毎朝ヨガを少々。

 

 繰り返しになりますが、体力向上を目的とした筋トレであれば行ってみても良いでしょう。しかしそれを楽器の演奏の向上と直接結びつけてしまうのは、危険なことです。

 

先述の腹筋が固まってしまい、演奏がしづらくなったというのも、腹筋運動によって起こる腹直筋の成長、そして成長における硬直を頭で理解出来ていなかったから起きた「認識のズレ」であり、ちゃんとそれを頭に入れておけば、腹筋が割れるくらいに運動をしても、演奏に支障が出ることはないでしょう。

 

個人的には、筋トレよりも楽器の練習をしてほしいですけどね(笑)

 

筋トレの代わりにヨガを取り入れてみるのも良いでしょう。ヨガは呼吸を伴って体を曲げるので、呼吸に使われるインナーマッスルの向上にも繋がります。私が行うレッスンでも、ヨガをおすすめすることがあります。

 

ここまでいかがだったでしょうか?

 

筋トレについてはもちろん、楽器の練習についても考える機会となっていれば幸いです。

 

今回はこれにて。

使用楽器の紹介①の続き、セッティング編

トランペット・楽器

こんばんは、ムトウです。

 

前の記事では私の使用しているB♭管の楽器の紹介をしました。

 

今回はその楽器を演奏する際のセッティングについてお話したいと思います。

 

そもそも「セッティングとはなんだ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ここでのセッティングは、楽器と併用しているマウスピース、バルブオイル、グリスなどを指します。今回はマウスピース以外のものを紹介します。

 

意外と知られていない、もしくは重要視されていないことですが、どのバルブオイルとグリスを使用するかによって、楽器の鳴り方や吹奏感は大きく変化します。

 

そのメカニズムに関しては今回は省きますが、言えるのは楽器の状態に合ったもの、またそのオイルやグリスの性質を理解して適切に使用することで、みなさんが思い描く演奏イメージに近付くことも可能なのです。

 

では、私がB♭管で使用しているオイルとグリスを紹介いたします。

 

まずはバルブオイルです。

 

 

こちらはBachの純正のバルブオイルです。

 

バルブオイルは楽器の状態に合った粘度のものを使用するのが最も適切だと言われています。こちらのオイルは中くらいの粘度で、新品中古品問わずあらゆる楽器に使用することが出来ます。

 

使用による音色は明るくきらびやかで、吹奏感も程よい抵抗感を得られます。

 

オイルもあまり揮発せず、その日の最初に塗ればあとは塗る必要はほぼありません。

 

実は他にもたくさんのオイルを使用してきたのですが、最終的に純正のものに戻ってくるというなかなか遠回りをした結果、現在使用しています。

 

個人的には値段が安いのも魅力的ですね(笑)

 

ちなみに、Bachはもう一つオイルを出しています。

 

 

こちらのリンズオイルと呼ばれているものは、非常にさらさらなオイルで、ギラギラした音色と軽い吹奏感を得られます。ジャズやポップスなどの奏者に人気があるようです。クラシックを主とする私にはちょっとエッジが効きすぎていましたね。

 

続いて、グリスの紹介です。

 

 

通称、赤ジャムorイチゴジャム。見た目の通り赤いグリスです。こちらはメインチューニングスライド、二番管、三番管の先端部分に使用しています。

 

こちらのグリスはやや硬めで、よく伸びます。一般的に粘度が高いグリスは楽器を握りしめたような音が出るのですが、赤ジャムはあまりその傾向がなく、音響面でもよく考えられたグリスだと思います。

 

また管の内部にあまりゴミが出ない印象があり、掃除の手間もそこまでかからないのが魅力的なグリスです。

 

続いて、スライドオイルです。

 

 

 

 

スライドオイルに関しては、あまり耳慣れないものかもしれません。

 

こちらのヘットマンのスライドオイルは、一番管と三番管に使用しています。

 

私が使用しているのは5番のスライドオイルです。管の気密を保ちつつスムーズな動きが出来るので、個人的に気に入っています。

 

ヘットマンはメインチューニングスライド、バルブスライド、ピストンのオイル・グリスを、新品、中古品、ヴィンテージと楽器の使用年数に合わせたものを製造しており、そのバリエーションは多岐に渡ります。ロータリー関係のオイルも製造されており、ホルン奏者の方もお世話になっているかもしれません。

 

また面白い製品として、ボトムキャップとピストンキャップ、ウォーターキーのねじに使用するオイルなども製造されています。

 

品質もよく、サビや腐食に対する効果もあり、楽器の状態を維持することに尽力している姿勢が見られます。

 

ちなみに、バルブスライドにバルブオイルを使用する方もいらっしゃると思います。私はこれに関してはありだと思いますので、実際に使用して感触を確かめてみるのが良いでしょう。私も以前はバルブスライドに、上で紹介したBachのバルブオイルを使用していました。

 

ここまでで数点のオイルやグリスを紹介してきました。ここで紹介した商品以外にも、素晴らしいオイルやグリスがたくさんあります。また楽器が違えば使用すべきものも変わると思います。

 

ぜひ色んなものを試し、自分に合うものを見つけてみてください。多少お金はかかりますが、それに見合った価値があります。

 

そのうち他のオイルやグリスについても紹介してみたいと思います。

 

今回はこれにて。

 

 よろしければこちらの記事も……

hikaru-tpiano.hatenablog.com

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

使用楽器の紹介①&Bachのお話

トランペット・楽器

こんにちは、ムトウです。

 

今日は私の使っている楽器の紹介をしたいと思います。

 

今回は私が使用しているB♭管。

 

 

 

トランペットでV,Bachと言えば「ストラド」などとも呼ばれるこちらの180シリーズですね。

 

Bachの中で看板的な楽器で、25マウスパイプ、37ベル、材質はイエローブラス(いわゆる黄ベル)、銀メッキ仕上げです。

 

10年ほど前、中学三年の頃に購入して現在まで使用しています。

 

↓実際に私が使用している楽器の画像です

 

f:id:hikaru-tpiano:20170105121955j:plain

 

写真だとなんとも言えないですが、10年使用している割にはメッキの剥がれはなく、綺麗な状態だと思います(笑)

 

バックは俗に太い響きとやや重たい吹奏感を持つと言われます。それはシルキーやヤマハに比べ楽器そのものの重量があること、そして楽器の設計によるものです。重たいものを動かすのにエネルギーが必要なように、楽器が鳴るまでに必要なエネルギーの差が、音色や吹奏感にも影響を与えているのです。

 

ただし、重い楽器だから鳴らすのが大変なのかと言うとそんなことはなく、練習の仕方や考え方次第でいくらでも解消できるものです。それはまた別の機会にお話しします。

 

私の楽器は2005年頃に製造されたもので、有名なバックのストライキの前後という、バック的には激動の最中に生まれた、なかなか面白い楽器です。バックにしては吹奏感がやや軽めで、音には指向性(その方向に向かっていく力)よりも、広がりを持って響いていくような性格があります。

 

昔は職人たちの個性が楽器に反映されていたために個体差があり、当たり外れも大きかったそうです。私の楽器にはその辺りの個性があるように思います。

 

現在生産されているバックと私のバックは少し異なるようで、実際の吹奏感としても、現在の方が良い意味でクセのないものになっています。その分多少個性が薄れていますが、アンサンブルや個人のクセに対応してくれる、現代のスタイルに合った良い楽器だと私は思います。

 

昔は楽器そのものに、今は個人の個性が楽器に反映されるように、バックも変化を続けているのですね。

 

さて、バック語りはこの辺にして……次の記事ではセッティングについてお話しようと思います。

 

 

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

 

よろしければこちらの記事も……

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

 

初詣&吹き初め

トランペット・楽器

あけましておめでとうございます、ムトウです。

 

昨日1月1日は初詣に行ってきました。行ってきた神社は新宿にある花園神社、この中にある摂社、芸能浅間神社です。

 

f:id:hikaru-tpiano:20170102182047j:plain

 

買ってきた御守りにも書いてありますが、この神社は珍しく芸事関係にご利益があると言われています。私も音楽家を目指す者ですので、行って参りました。

 

花園神社の敷地そのものはかなり広いですが、芸能浅間神社は隅の方にあり、極端な混雑もない場所で、個人的には快適に参拝出来ました。

 

そして今日、1月2日からはトランペットの練習を再開しました。

 

朝起きてヨガをして、ブリーシングバッグもどき(ビニールと塩ビ管)で呼吸を整え、去年までと同じように練習。年が変わっても、練習でやることに関して、大きな変わりはありませんね。あとは受験に合格することです(笑)

 

この記事ではざっくりと新年を振り返りました。次回以降の記事では、私が普段行っている基礎練習や、練習の理念、使用している楽器などについても触れて行こうと思います。

 

ひとまずこれにて。

年の瀬にはじめまして

趣味・雑記

以前からずっと始めてみたいと思っていたブログ。2016年も残りわずかというこの時に、思い切って開設してみました。

 

音楽から楽器、趣味の話題まで自分の思うままに書き連ねていきます。

 

私自身がトランペット吹きで音楽家を目指しているため、その手の話題が多くなることと思います。そんな中に、あなたのお役に立てる事柄が見つかったら幸いです。