ラッパ光る

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

使用楽器の紹介②

トランペット・楽器

こんばんは、ムトウです。

 

今回は私が使用している楽器についての記事、第二弾となります。

 

前回がB♭管だったので、今回はC管についてのご紹介です。

 

 

こちらもB♭管とおなじBach。229ベル、25ハーセスパイプの仕様です。

 

C管と言うと大抵はLボアであることが多いのですが、なぜMLボアなのかというと、そこまで大きな理由はありません。中古で売っていたのがこれで、この楽器の音が一番良かったので購入しました。

 

(※ボアは管の直径のことで、Lボアが一番大きく、ML、Mの順で小さくなる)

 

Lボアの方が音は太く、華やかなものになりますが、その分大量の息が必要になります。MLボアはLボアほど息を必要とせず、よりコンパクトな吹奏感となります。個人的にそこまでの吹奏感の差はないように思いますが、実際に出てくる音には結構な差があります。

 

ベルは229というもので、広がりのある音であるとBachのカタログで紹介されています。恐らくMLボアのコンパクトな音を拡散させるためのものでしょう。

 

そしてマウスパイプは25ハーセスと呼ばれるものです。これはかつてシカゴ交響楽団にて53年間首席奏者を務めていた、故アドルフ・ハーセス氏の名を冠したマウスパイプです。

 

ハーセス氏はバテない、大きな音量、音を外さないという、トランペット奏者としては夢のような要素を兼ね備えたトランペッターでした。

 

特にこのハーセスパイプは、ハーセス氏自らが監修したモデルで、抵抗感と芯のある音を体現しているようです。

 

実際に私も購入の決め手となったのはこのハーセスパイプを導入しているモデルであったことでした。

 

演奏してみると分かるのですが、息がドカンと入ります。フォルテでの演奏が容易なだけでなく、ピアノでの繊細な演奏にも対応出来る、個人的によく完成されたマウスパイプだと感じています。

 

その自由な吹奏感故に音程が外れやすいのが難点ですが、そこはソルフェージュ力でカバーしましょう(笑)

 

BachのC管であれば、ぜひ購入の選択肢に入れても良いモデルだと思います。C管購入の参考になればと思います。

 

今回はこれにて。またC管のセッティングについての記事を書こうと思います。

 

 

よろしければこちらの記事も…… 

 

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

 

hikaru-tpiano.hatenablog.com