ラッパ光る

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

2/27レッスンレポート

こんばんは、ムトウです。

 

今回はレッスンのレポートを書いていきたいと思います。

 

教授をして頂いたのは師匠の一人、アンドレ・アンリ氏。その日はピアニストも同行して頂き、受験前最後のレッスンに臨みました。

 

 

受験前最後と謳ってはいますが、何を隠そう、この一年間で最悪のコンディションの中でのレッスンだったため、曲もまともに通らず、何度口からマウスピースを離しそうになったか分かりません。

 

ですが、音が出なくなっても、頭の中に流れる歌だけは途切れないように努めてました。むしろ、そこが途切れたら終わりだからです。

 

音楽は私たちの頭の中から生まれる、意識的な行動です。楽譜を読み解いていくと分かるように、音楽は非常に緻密で高度な数学のようなもので、表現として外に出ていくまでのプロセスに大量の思考が必要となります。

 

分かりやすく言えば、役者が台本のセリフをどのように喋るのか。場所は、人は、雰囲気はどうか。それと音楽はよく似ています。

 

頭の中にその設計図が出来上がれば、あとはそれをどれだけの快適さでもって、発信していくかになります(いわゆる演奏技術)。

 

このレッスンでの私は、演奏技術による快適さは皆無でした。ですが頭の中の設計図だけは手放さないようにしました。

 

その中でアンドレは、快適さを取り戻すためにすることがある。休息を取ろう。という判断をくれました。

 

正直自分がここまで疲労しているとは思わず、逆にここでレッスンを受けておいて良かったです。

 

アンドレは、その快適さが取り戻されれば、いつものノストラダムス(私のあだ名です笑)にいつでも戻れると仰ってくれました。

 

そして、快適さの中で音楽をすることこそが何より大切であると、私に喝を入れてくれました。

 

残り時間も少ないですが、まずは休んで普段の自分に戻れるようにしていきたいですね。

 

今回はこれにて。