ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

クイーンブラス、ゾロトランペットの紹介、吹奏感など

こんばんは、ムトウです。少し時間が空いてしまいました、お久しぶりです。

 

最近ビッグバンドで演奏する機会があり、そこで普段使っているBachではない、別の楽器を知人からお借りして、しばらくの間吹いておりました。

 

その楽器がかなりの衝撃だったため、紹介をしようと思います。

 

 

その楽器とは、こちら。

 

 

ジョイブラスでお馴染、眞田貿易と台湾のホクソン社が提携したブランド、クイーンブラス。そのラインナップの一つであるZorro(ゾロ)。安価かつ品質が良く、近年評価を高めているブランドの一つです。

 

私自身、以前から気になっていた楽器で、知人が楽器を購入する際の選定に同行させて頂いた経緯もあります。

 

その時に吹いた感想は、本当にこれが十万円を切る楽器の吹奏感なのか、ということでした。

 

このゾロは、主管クルークにラウンドとスクエアの二本が付属し、ジャンルや好みによってカスタマイズが出来るようになっています。私は本番ではラウンドクルーク(一般的に息の流れを作りやすい)を使用しました。

 

とにかく息が流れていき、反応が良い。タンギングの粒立ちも良い。音色もマウスピースによって色付けがとてもしやすく、クラシックからジャズまで対応出来るモデルです。

 

シルキーやヤマハのZホーンと呼ばれるモデル群に近い、抜けの良い吹奏感と遠鳴りが一番の肝になっています。普段Bachを使用している私にはとてもギャップがあるものの、すぐに対応出来る柔軟な楽器だと感じました。

 

ちなみに、選定の時にはラッカーモデルと銀メッキモデルを試したのですが、銀メッキモデルは個体差のためか、それともメッキの仕様なのか、やや吹奏感が重く感じられ、結果的にラッカーの方が私も知人も良いと意見が一致したので、こちらを購入しました。

 

特徴的だと感じたのは、ベルを支える支柱の位置が非常に手前になっており、これはシルキーが採用している位置とほぼ同じです(気になる方はジョイブラスさんのHPをぜひ御覧になってください)。これによってベルがフリーになり、音が押さえつけられることなく客席に飛んでいくのです。

 

ただし、フリーになり過ぎるのも音が散ってしまうなどの問題があるため、主管の支柱や他にも様々な場所でバランスを取っています。

 

支柱の話はこの記事でもちょこっと書いています。

 

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

 

ともあれ、このゾロという楽器は非常に高いポテンシャルを秘めた楽器です。

 

本番時のセッティング等はまた別の機会に書いていきたいと思います。ちなみにマウスピースはマーシンキウィッツというメーカーの、E9.1というモデルを使用しました(こちらも借り物です笑)

 

ジャンルの違う曲を演奏するには、違う楽器を使うことも有り得ます。今回このゾロに触れることは、それを理解するとても良い機会でした。

 

もし興味を持った方がいらっしゃれば、ぜひゾロを楽器店でお試しください。

 

今回はこれにて。