読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

マウスピースについてのアレコレ、~Bach編、スペックの判断~

こんばんは、ムトウです。

 

金管楽器を演奏するのに必要不可欠なものはマウスピースです。プロからアマチュアに至るまで、楽器と共に広く愛用されているバックのマウスピース。今回はこちらについての記事を書いていきます。

 

バックのマウスピースは、3Cのように数字とアルファベットで型番が当てはめられており、数字はリムの内径を表し、アルファベットはカップの深さを表します。この組み合わせによって、カップの容量が決定されます。

 

 

数字は1~20まで、数字が小さいほど内径は大きくなります。アルファベットはA~Fまで、Aに近付くほどカップが深くなります。大体の奏者はCの深さのカップを使用している印象があります。(Vなどの特殊なカップもありますが、ここでは割愛します)

 

ですが、このバックのマウスピース、単に数字とアルファベットで大きさ深さの判断をすれば良いというわけではありません。

 

というのも、例えば「2」のリムと「3」のリムを比べた時に、単に内径の大きさが違うだけではないからです。

 

バックのリムは数字によって内径が違うのはもちろん、同時にリムの形も異なるのです。リムの形は、マウスピースを口に当てがった時の口当たりに直結するものですから、その人に合ったものを選ぶ必要があります。第一印象とも言い換えられますね。

 

リムには内径、厚さ、カンター、バイトなど多くの部位があり、これら全ての形が口当たりの違いにつながります(ヤマハのホームページに詳しく載っています)。先述した例の「2」と「3」では、リムの内径だけでなく、厚さ、カンター、バイトも違うので、単に3の内径が自分にとって小さいから2を選ぶ、という風にマウスピースを購入すると、失敗をしてしまう可能性があるのです。

 

試奏をせずに買う、という方はあまりいないとは思いますが、実際に試奏をしてみることで、そのマウスピースを現実的に捉え、自分に合ったものを選ぶための判断材料に出来るでしょう。

 

ここで、少し違うお話をします。

 

マウスピースのカタログというのが、インターネットにて散見されます。これ自体については良いことだと思います。実際に数値でマウスピースのスペックの違いを比較出来るのは、購入するマウスピースを絞る手助けになります。

 

しかし、バックのマウスピースはここにも落とし穴があるのです。

 

例えば「3」のリム内径、カタログや多くのホームページでは内径が16.3mm、「7」のリム内径は16.2mmと記載されています。ですが、実際にそれぞれを口に当てて吹いたり、また実際に現物を見てみると、0.1mm以上の違いがあるように感じます。

 

さらに、バックの「3」のリム内径と同等と言われているヤマハの14のリム内径は、公式ホームページにて16.88mmと記載されています。同等のはずなのに、バックは16.3mm、ヤマハは16.88mm、この違いはあまりにも大きいです。

 

ベストブラスというメーカーが、複数メーカーのマウスピースのリム内径、深さを表にしたものがあります。こちらではバックの「3」とヤマハの「14」はほぼ同等の内径であると記載されています。恐らくこちらは同じ方法でリムの内径を測定しているため、信頼できる数値でしょう。

 

こうしたカタログと実数値の違いを把握しておくことも、マウスピースを購入するためのヒントになると思います。

 

さて、話を戻しましょう。なぜバックのマウスピースは、リムの数字の違いで内径だけでなく、リムの形そのものまで異なるのでしょうか。

 

ここからの話は私の憶測に過ぎません、参考程度に見て頂ければと思います。

 

バックの創業者であるヴィンセントは、当時ヨーロッパでソリストとして名を馳せ、アメリカに渡った後はボストン交響楽団などの首席奏者として活躍をしていました。その間にマウスピースの重要性に気付き、マウスピースの製作を始めます。それがより深まっていった結果、今なお世界で愛されるヴィンセント・バックの楽器が誕生しました。

 

マウスピースの製作には、当時活躍していたプロトランペッターたちの意見も当然入っていると考えられます。

 

ある奏者にはこの大きさのリムが、この深さが、バックボアが、スロートが……。このように作っていくうちに、各々の奏者に合ったもの―――つまりスペックが全てのマウスピースで異なるものが出来上がったに違いありません。

 

つまり、ヤマハからエリック・オービエモデルや、フリッツ・ダムロウモデルが出ているように、名前こそ付いていないですが、バックのマウスピースも当時のプレイヤーたちのシグネチャーモデルだと言えます。

 

と、ここまでが私のバックマウスピースに対する考えであります。もしかしたらヴィンセントが商品化する際に、単純にリムやカップのバランスを考えて変えただけかもしれませんが、同じCカップでもリムによって深さが違ったり、リムが番号による単純な内径比較ではなく、形の全てが異なることに説明がつきません。

 

バックのマウスピースは、日本においてはヤマハのスタンダードモデルに次いで、かなり安価で購入できるマウスピースの一つです。

 

今バックのマウスピースを使っている方も、これから購入しようと考えている方も、バックのマウスピースの良し悪しを判断して、(バックに限らず)自分に合ったものを購入して頂きたいですね。

 

今回はここまで。