ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

マウスピースについてのアレコレ~ヤマハ編、中川モデル~

こんばんは、ムトウです。

 

先日、バックのマウスピースに関する記事を書かせてもらいました。

 

↓こちらです。

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

今回は、今私が使用しているマウスピースと、そこに絡めてヤマハのマウスピースについて書いていきたいと思います。

 

 

ヤマハもバックと同じように、たくさんの型番のマウスピースが販売されており、アルファベットと数字でラインナップがされています。ヤマハはバックのようにカタログと実際のスペックに差はないので、ホームページ等を見れば大体の当たりが付けられると思います。

 

またバックによくあると言われる、製造時におけるマウスピースの個体差も少なく、均質を保っている製品と言われています。

 

ヤマハはスタンダードモデルだけでなく、シグネチャーモデルも多く出しています。こちらはスタンダードモデルでは無かったスロートの拡張、バックボアの改良などがされています。

 

有名なものだと、リードトランペッターとして活躍されているエリック・ミヤシロモデルや、ボビー・シューモデルがあります。これらは私も実際に試奏したことがあり、個人的にはボビー・シュー(リード)モデルが、口当たりもよく、カップの浅さにも関わらず低音域から高音域まで幅広くカバー出来た印象があります。

 

個人的には、私の師匠の一人でもあるエリック・オービエのモデルも良いマウスピースなので、ぜひ皆さんに試してもらいたいなと思っております(露骨な宣伝です笑)

 

ちなみにオービエモデルは、バックの1-1/2Cと呼ばれる人気の型番とほぼ同等のリム内径を持ち、スロートが通常3.66mm前後(#27)であるところを3.80mm(#25)まで拡張されているため、息がスムーズに流れていき、ソロからオーケストラまで幅広く使用出来るマウスピースとなっています、お試しあれ!

 

さて、ここからは私の使用しているマウスピースについて書いていきます。

 

実は私はつい最近までバックの1-1/2Cを使用していたのですが、どうしても納得出来ない部分が少なからずあったので、思い切って別のマウスピースを購入して、ここひと月ほど使用しています。

 

そのマウスピースは、Yamaha-16B4NC。通称中川モデルと呼ばれているラインナップの一つです。

 

ヤマハ銀座店限定で販売しているもので、ご本人もジャズ奏者として活躍し、楽器・マウスピースの改造・研究もされている、中川善弘氏が開発をされたモデルです。

 

この中川モデルの一貫したコンセプトは、日本人の骨格に合ったマウスピースの追求にあります。

 

中川氏の考えでは、バックやシルキー、その他海外メーカーのマウスピースは、カップやリムの形状が海外のプレイヤーの骨格に合わせて作ってあるため、我々日本人にはリムが合わないモデルが多いとのことです。

 

そこで中川氏は日本人の骨格にも合うリムの研究を始め、商品化されたのがこの中川モデルというラインナップになります。

 

全てのモデルに「えぐり」と呼ばれる加工が施されており、これによってカップの容量そのものが大きくなります。カップの中に唇が入り込んでしまったり、またカップの底に付かないように、効率よく振動させることを目的としています。

 

またスロートの部分に、息を流した時に抵抗がかかるように設計されており、高音域であっても唇に負担が掛からないようになっています。

 

私がバックからこの中川モデルのマウスピースを選んだ切っ掛けは、バックのマウスピースでは高音域の演奏の際、息だけがすっぽ抜けてしまい、低音から高音の跳躍の際に引っ掛かる感覚が拭い去れなかったのです。

 

そんな時に知人が中川モデルというマウスピースがある、と紹介してくれました。試奏してみると、息の流れで演奏が出来ていれば、低音から高音に至るまでスムーズに演奏出来るマウスピースで、理想の演奏をするための手助けになると思い、使用を始めました。

 

まだ使用して一ヶ月ほどなので、明確な答えは出せませんが、少なくとも息の機能が使えている状態であれば、あらゆるテクニックに対応してくれるマウスピースだと感じています。

 

逆に言えば、唇で無理矢理音を出そうとしてしまった時(=息の機能が使えていない時)には音が出なくなるので、自身の奏法の矯正にもなっています。

 

16B4NCという型は、バックの1-1/2Cとほぼ同等の内径、カップの深さを持っているため、スムーズに移行も出来ました。音色も明るく、煌びやかで澄んでいます。中川氏も1-1/2Cを使用しているプレイヤーに推奨しているモデルです。

 

実際の研究に基づいて商品化されているだけあって、奏者の悩みと合致した時には絶大な効果を生みます。もしマウスピースで悩んでいる方がいらっしゃれば、ヤマハ並びに中川モデルも選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

今回はこれにて。