ラッパ光る

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

吹奏楽部は使い方次第

こんばんは、ムトウです。

 

昨今、部活やそれをテーマにしたドラマなどを通して、吹奏楽というものが一般的に広く認知されるようになってきたように感じます。管打楽器を始める際には、吹奏楽部というものは大半の人のきっかけになっていることでしょう。私も例に漏れず、吹奏楽部の入部からトランペットを始めました。

 

 

私がこれまでレッスンをしてきた生徒さんや吹奏楽部さんたち。部員の仲も傍目から見て良く、顧問との関係も概ね良好な場所が多く、それ自体はとても良いことだと思います。そういう青春が送れていたらなあと、今更になって少しばかり羨ましさも感じます。

 

吹奏楽部の生徒の多くは、私が見てきた印象だと部活に対する帰属意識がとても強い傾向がありました。ある意味部活至上主義、部員は家族、と言った価値観でしょうか。そのため退部することを裏切り行為と捉える方もいらっしゃるようで、故に部活内の人間関係で悩みを抱えながら活動を続ける生徒も、少なからずいらっしゃるようで、個人的には悲しい限りです。

 

私はこと人間関係においては面倒臭がりなので、悩むくらいならすっぱり割り切ってしまった方が良いと考えています。これは年を重ねるにつれてそう思うようになってきたので、まだお若い学生さんには難しいことでしょう。

 

私は中学、高校と吹奏楽部に在籍していましたが、高校二年生の時に身体的理由により楽器が吹けなくなってしまったことと、部活内の人間関係が重なり、じゃあどうせならと部活動を辞めて、目指していた音楽大学への進学も諦め、経済学部に進学しました。

 

楽器を始めた中学時代の頃から、私はずっと音楽大学への進学を目指して日々練習をしていました(結局上記理由から断念したのですが)。部活動というのは私にとって練習場と演奏出来る機会であり、それ以上の意味はあまり持ち合わせていませんでした。いわゆる帰属意識がなかったのです。部活のために練習するのではなく、自分のために部室へ行って練習していました。

 

人によっては冷たいヤツと思う方もいらっしゃるでしょう。その通り、私は他の部員にとって冷たいヤツでした(笑)

 

だからと言って部活をサボって遊んだりすることはありませんでしたし、練習したかったので部活に行っていました。全力投球とは言えなかったかもしれませんが、行事があればそれに対して協力していました。そこでは社会的な対人コミュニケーションを勉強する経験にはなるでしょう。

 

が、しかし。私はどこまでいっても部活動は単なる練習の場以上になることはほぼなく、そのために熱心な部員には後ろ指を指されることも少なくありませんでした(それが面倒でした笑)。

 

人には人の価値観があり、当然部活動に対しても人によって価値観は違います。それをお互いに押し付けることは軋轢こそ生めど、何も良いことがありません。当時の私もかなり尖った生徒だったので、部員との衝突もありました。

 

なので、もしも部活動全体の雰囲気が熱狂的な中、自分は一歩引いた立場でいたいという方、もしいらっしゃったらこういう考えのヤツもいるんだよと思ってもらえると、少し心が軽くなるかもしれません。

 

ただもちろん、自分も何かしらの譲歩は必要です。部活動という集団に所属している以上、 協力しなければならない場面が出てきます。そこに関しては協力を惜しまない。代わりにそれ以外の部分では自分のために部活動を使う。楽器をやる上で、練習場所の確保は急務です。部活動に所属すれば、そこがほぼ確実に保障されるわけですから、楽器をやりたい人からすれば垂涎な環境です。

 

自分は演奏場所が欲しい、部活動は人が欲しい。いわゆるwin-winです。

 

利害関係で結び付いた部員と部活というのも、僕はあって良いと思います。私が部活動に熱狂出来る人間ではなかったように、人には領分があります。

 

お互いの歩み寄りが出来ると生きやすくなりますよね。それが出来なければ、市民楽団、オケに入るなどるという選択肢もありです。

 

何も一つの道が人生ではありません。私のように就職を蹴って音楽の道に流れてきたような阿呆もおりますし、ここまでなんとか生き延びています。

 

 先入観に捉われず、自分を追い詰めないように音楽を続けていきたいですよね。そのような人が増えていくのを願っています。