ラッパ光る

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

超個人的、バルブオイル使用感レビュー&紹介(2017/9/27版)

お久しぶりです、ムトウです。

 

前回の投稿から大分間が空いてしまいました。今回は以前に書いたバルブオイルの使用感の追記と、使用したことはないけれども知識として知っているものの紹介をしていきたいと思います。

 

過去の記事はこちらです。 

 

hikaru-tpiano.hatenablog.com

 

 

それでは参りましょう、まずはこちらのオイルです。

 

 

 

見た目通りのブルージュースですね(飲めません笑)。

 

こちらを以前紹介させて頂いた時には軽めの粘度と紹介しましたが、実は逆で粘度はかなり高めのオイルだそうです(失礼致しました)。

 

サビ防止の成分が入っており、ビンテージの楽器にも使用可能です……というのもやはり粘度が高めだから出来ることですね。

 

粘度の割にバルブワークは軽めなので、そこが一つ魅力のオイルでしょうか。澄んだ音色になり、マイク乗りが良いので、ポップス奏者などに向くオイルの一つでしょう。

 

続いてはこちらです。

 

 

アルキャスのバルブオイルです。使用されている方もなかなか多い印象です。

 

軽めの粘度で不純物が少ない純石油系のオイルになります。ケーシング内部にゴミが溜まりにくいため、リペアマンなどにも好んで使用されるオイルの一つです。

 

かなりさらさらしたオイルで、吹奏感も軽く、音にスピード感が出やすいです。シルキーなどと相性が良いオイルでしょう。

 

 

続いてはこちら。

アリシンのオイルです。こちらはあのNASAが開発したというから驚きですね。

 

一滴~数滴の使用で長時間のバルブワークを維持するなど、かなり粘度の高いオイルのようです(筆者未使用)。スライドにも使用出来るようで、一番、三番管の摩耗具合によってはこちらを試してみるのも良いかもしれません。

 

続いてはこちらです。

 

カップミュートやコルネットのマウスピースでお馴染み、デニスウィックのオイルです。

 

こちらのオイルはフライパンなどの耐熱加工に用いられるテフロンが含まれており、油膜をケーシング内で構成するオイルです。いわゆるベアリング的な働きに近いものでしょうか。

 

そのためバルブワークが他の石油系のオイルなどに比べるとかなり滑らかになります。引っ掛かることは少なくなるでしょう。反面テフロンからくるゴミが溜まりやすいため、掃除の頻度が多くなるかもしれません。使用の際はご注意を。

 

続いてはこちらです。

 

Ultra-Pure プロフェッショナル バルブオイル

Ultra-Pure プロフェッショナル バルブオイル

 

 

ウルトラピュアのバルブオイルです。

 

無毒、無臭であり、石油系特有の臭いが苦手な方はこちらのオイルを使用するのがおすすめです。

 

バルブワークは軽く、音色も比較的落ち着いているので、アンサンブルに向くオイルかもしれません。ややゴミが溜まりやすい印象があり、掃除の際には注意が必要です。

 

今回のご紹介は以上になります。今回と前回の記事を合わせて、日本で市販されている大半のバルブオイルを紹介したことになるでしょうか。今回はスタンダードなものから外れ、ややニッチな商品の紹介になりましたね。

 

バルブオイルも楽器やマウスピースと同じで正解がないものです。楽器の状態、自分がどのような吹奏感が欲しいのか、よく吟味しながら選んでいくと良いでしょう。

 

この記事を見て頂いたことで、楽器に対して一考して頂く機会になれば幸いです。

 

今回はこれにて。