ラッパ光る

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

ヤマハ・ウォーターキーバネの違い

こんばんは、ムトウです。

 

最近は楽器のパーツ交換などの改造をちまちま行っております。ヤマハのパーツは国産で質が良く、値段も比較的安いので、改造初心者にとって非常に助かります。

 

今回はそこからのフィードバックとして、ウォーターキーのバネについて書いていきます。

 

息はマウスパイプから入ると主管クルークで曲がり、ケーシングおよびピストンに入っていきます。この途中で息はウォーターキーを通過していきます。このウォーターキーの台座周辺は半田で接合されていたり、ウォーターキーがバネによって固定されていることで、強いテンションがかかっています。

 

このバネによるテンションの違いは大きく、吹奏感や音色に影響を与えます。

 

ヤマハのウォーターキーバネには二種類あり、ゼノシリーズ(以下新型)などに使われているバネと、それ以外(以下旧型)に使われてるバネがあります。

 

大まかな見分け方としては、新型はV字に広がったバネの片方がカールしており、旧型はカールしていません。ヤマハのホームページで楽器の拡大画像を見てみると分かります。

 

↓新型のバネです。

f:id:hikaru-tpiano:20180115213445j:plain

 

旧型は抵抗感は少なく、軽い吹き心地となります。音色はどちらかと言えば軽く、スタッカートなど発音の軽快さがあります。スチューデントモデル等にも使われていることから、扱いやすいバネと言えます。

 

新型の方は抵抗感が増し、音が引き締まる感じがします。ピアノ等の音量のコントロールもしやすく、上位モデルに求められる幅広い表現力やダイナミクスレンジを満たすものだと思います。

 

私は新型のバネを取り付けており、こちらの方が私の求めている吹奏感を満たしていると感じました。これは人によると思います。

 

またヤマハのパーツは大半に互換性があり、ゼノのものをスチューデントモデルに、またその逆も付け替えることが可能です(ボトムキャップなども)。

 

ウォーターキーバネやピストンバネなどは安価で手に入るので、ぜひお試しあれ!