ラッパ光る

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。何かのお役に立てますように。

低音域の見直し、快適な状態を目指す

こんばんは、ムトウです。

 

就活の合間で楽器を吹いておりますが、今になっても色々な発見があるものです。

 

私は元々低音域が苦手なので、いつもウォームアップの際にはローノートのセンターをしっかりと見つけるように心がけています。

 

特に起こりやすいのが、ハイノートのテンションのままローノートを吹いてしまうことです。分かりやすく言えば、ハイノートを演奏しようとしている状態でローノートを吹いてしまうので、余計なスタミナを使ってしまう、ということですね。

 

大抵こういう時は、頭の中にある音と実際に出ている音が噛みあっていません。脳というのは体がどう動くかを決定します。実際に求めている音に対して脳が外れてしまうと、体は対応しきれません。なのでまずは瞑想を行うように、イメージの音と実際に出ている音を一致させていきます。

 

こうしてウォームアップを終えた後、練習に入っていきます。

 

最近よく感じるのは、音を出すという行為に対して、自分が思っているよりもエネルギーは必要ないということです。

 

コンチェルトなど、スタミナ消費が大きい曲などを演奏していると、段々と精度が落ちてきてしまい、音に対して最低限必要なエネルギーを上回って演奏をしてしまいます。無駄なエネルギーを口などで使ってしまうということです、当然音は出ますが、これでは快適な演奏とは言えず、早いバテの原因になります。

 

ハードな練習を繰り返すうちに、音を出すという行為に対する効率が悪くなってきます。これを解消するために、最小限の息で唇が反応するように練習をします。

 

これはピアノの音量での練習という意味ではなく(必然的に音量は小さくなりがちですが)、ハードな練習で反応するのにより息が必要になってしまった唇を、必要最小限の息で反応するようにする練習です。

 

最初はセンターを外してしまったり、音そのものが出ないということもあります。私の場合は音を出すことが怖くなったりします(笑)

 

外すことを恐れずに繰り返して行けば、より快適な状態で演奏できるようになるはずです。

 

最小限の息で反応する唇を作ること、これが今日の練習の肝でした。もちろん普段から心がけてはいますが、今日は特に意識しました。

 

今回は備忘録のようになってしまいましたが、これにて。