ラッパ光る

ラッパ光る

トランペット吹きが楽器や音楽について発信していくために開設。誰かのお役に立てますように。

自分の選択した道具を信じること

こんにちは、Hikaruです。

 

突然ですが、皆さんは普段どんな楽器を使って演奏していますか?

 

トランペットの方はヤマハでしょうか、バックでしょうか、シルキーでしょうか。それとも違うメーカーの楽器でしょうか。

 

では、マウスピースは何を使っていますか?オイルは、グリスは?

 

……このままではループしてしまうのでここまでにしておきましょう。

 

多くの方はご自分で選択したものを組み合わせて日々音楽活動に励んでいることと思いますが、どうやら必ずしもそうではない方もいらっしゃるようで、これは不思議なことだなと思っております。

 

今回は楽器の話というよりは、思想の話になってしまうかもしれませんが、書いていきたいと思います。

 

管楽器奏者の方は吹奏楽部で初めて楽器を手にすることがほとんどだと思います。私もそうでした。

 

その時に手にした楽器は学校の備品でした。楽器については自前の楽器を所持していなかったのでそれしか選択がないのも仕方がないことだと思うのですが、問題はマウスピースです。何故か部活で同じ型番のものを購入して、それを押し付けられた形になっていました。

 

当時は訳も分からず吹いていましたが、一年後くらいに偶然楽器屋に寄って別のマウスピースを吹いてみたらびっくり、なんと吹きやすいことか。当時のなけなしのお小遣いで迷わず購入しました。すると、同級生から「なんでそれを使うの?」と色々質問攻めに合いました。

 

私としては購入したものが良かったから、という至極真っ当な理由なのですが、どうやらそれが理解し難い様子でした。

 

「最初に買ったやつで良いじゃん」とは同級生の弁です。それが本当にその人の選択であるならば良かったのでしょうが、残念ながらそういう意味で発言したわけでは無かったようでした。

 

当たり前のことかもしれませんが、自分で感じて自分で選択するってとても大事なことだと思うんです。

 

というのも、誰かに「これを使いなさい」と言われてただ使い続けることで上手く事が進み続ければ良いですが、どこかで上手くいかなくなった時や壁に当たった時に自分で選択するという行動が取れなくなってしまうのではないか、という懸念があるからです。

 

選択には練習が必要だと個人的には考えてます。特に日本の教育が選択することをあまりさせないものが多いですから、苦手な方は本当に苦手なんです。

 

楽器は特に自分との相性があるものですから、どんどん取捨選択していきましょう。これがきっと選択の練習になります。

 

私も色々なマウスピースに浮気をしつつ、ついに運命の一本と呼べる今のマウスピースに出会いました。これも各々手にしてきたマウスピースを「これが良いな」と感じて選択してきた結果です。もちろん、これからまた運命の一本が変わるかもしれませんが笑

 

多くの方はご自分で選択してきた道具を使用していると私は信じています。しかし、中にはその選択が間違っているのだと惑わせてくるような方も残念ながらいらっしゃるようです。特定のメーカーを使用していると「信者」などと揶揄するような方もいらっしゃるとか……。

 

もし、そういった言葉で自身を見失いそうな方がいらっしゃったら、「自分はこれを選択したのだから誰にも文句を言われる筋合いはないんだ」と胸を張ってください。皆さんの選択は間違っていません。

 

これからもご自身の楽器と一緒に、音楽活動に邁進していってください!